業務対応エリア
  • 兵庫県全域
    神戸市 尼崎市 西宮市
    芦屋市 伊丹市 宝塚市
    川西市 三田市 明石市
    加古川市 高砂市 西脇市
    三木市 小野市 加西市
    加東市 姫路市 相生市
    たつの市 赤穂市 宍粟市
    豊岡市 養父市 朝来市
    篠山市 丹波市 洲本市
    南あわじ市 淡路市
  • 東京都
  • 大阪府
  • 京都府

トップページ > 銀行融資額引上げのための不動産鑑定

銀行融資額引上げのための不動産鑑定


銀行の不動産融資額は、路線価や公示価格等を使って計算します。

このような価格を私達は積算価格といっています。他に不動産について収益性の面に着目して求める収益価格があります。
実際に不動産を売買する場合の価格(時価)は、戸建住宅や更地でしたら積算価格で時価が決まります。店舗・収益ビル・共同住宅等事業用物件の場合には収益力を顕す収益価格で時価が決まります。
現在の不動産市況は、収益価格>積算価格という位置づけが顕著で、収益価格>>積算価格といった感じです。
このような場合でも収益価格は不動産鑑定士しか出さないので、収益価格が見過ごされがちです。これは大変残念なことです。

不動産購入を検討される方で、銀行と相談の上、収益価格に基づく時価によって銀行融資額の引き上げの可能性がある方はご相談ください。



ご参考:Webセミナー「関係者間収益物件売買 今その価格では危ない!」

直近の収益物件市場価格状況に異変が!





建物経済耐用年数の不動産鑑定(銀行融資対策)



PAGE TOP